ニキビ痕を改善する保冷剤

ニキビ痕を改善する保冷剤

ニキビ痕ができやすいという方は、ニキビができてしまった時にお肌を冷やしてみるとよいです。

 

ニキビができると、その状態がそのまま残りやすくなってきます。

 

肌の代謝が低下することでニキビ痕としてずっと残りやすくなるため、肌を冷やして血行促進を図ってみましょう。

 

お肌を冷やすことで、血流が一時的に滞りますが、その後肌を暖めれば血液が一気に流れるようになってきます。

 

冷やすことで血流が回復するようになり、お肌に残ってしまったニキビ痕も解消しやすくなるのです。

 

何時までも色素沈着を残したくない人は、この対策を行ってみるとよいです。

 

お肌を冷やすときには、保冷剤を使うと簡単にケアしていくことができます。

 

保冷剤は手に入りやすくなっているだけではなく、溶けてしまう心配がないので、水で汚れてしまうことなく使っていくことができます。

 

ニキビ痕が残っている部分に保冷剤を押し当てて離すことを繰り返しているうちに、血行も改善し痕も綺麗に消えるようになるでしょう。

 

冷やすことで、肌も綺麗にしていくことができますが、一カ所に長時間保冷剤を当てていると刺激になってしまい、ニキビ痕とは違うトラブルを起こすことになります。

 

当てるときには時間に気を付けるとよいです。

ニキビ痕の対策方法や改善術

 

ニキビ痕を対策する時、ぜひ活用したい場所といえば皮膚科やエステティックサロンが挙げられます。

 

イオン導入やピーリングやフォトフェイシャルなど、自力では行えないケアを楽しめますし、皮膚科ならレーザーでピンポイントに気になるニキビ痕にアタックしてもらえたりもするので、効率良くニキビ痕を目立たなくしたい時や、自分では手入れが難しい深刻な肌状態の人は、エステや医療機関を頼るのも悪くない方法だと思います。

 

しかし、ニキビ痕はプロにお手入れをお任せしなくても、自宅で地道にケアを続けることでももちろん対策可能です。

 

ニキビ痕の改善には肌のターンオーバーを正常化することが求められますので、肌の代謝を妨げてしまうことに繋がる寝不足や栄養不足など、ライフスタイルの見直しも図ることが大事です。

 

スイーツや脂っこい食べ物やカップラーメンなどの食べ過ぎは、あまりニキビ痕対策に良くありません。

 

肌を構成する存在はアミノ酸ですが、アミノ酸はたんぱく質から出来ておりますので、普段から肉や魚や卵や大豆製品や乳製品などたんぱく質を多く含む食材をしっかり食べておくようにするのもおすすめです。

 

また、ニキビ痕ケアのため、私はマルチビタミンやビタミンB群のサプリメントも愛飲してます。

 

UVケアの継続や毎日の保湿ケアだけでなく、栄養面の見直しもニキビ痕対策には大事です。