赤ニキビのニキビ痕の対策はレーザー治療で

赤ニキビのニキビ痕の対策はレーザー治療で

赤ニキビによってできてしまったニキビ痕は時間がたてばよくなることもあります。

 

赤ニキビはニキビができた場所周辺に血液が集結し、その血液がニキビによって破壊された薄い皮膚の下から見えてしまうことで生じます。

 

そしてニキビが治った後も皮膚が薄い状態が続き、それが赤ニキビによるニキビ痕となってしまうのです。

 

そのため失われた皮膚組織が元通りになるまで待つことで、そのようなニキビ痕はよくなります。

 

しかしそのようなニキビ痕をなるべく早く治したいと感じる人もいます。

 

そのような人にお勧めなのがインテンスパルスライトという特殊な光を用いた治療です。

 

この光には毛細血管の拡張を抑え、コラーゲンの再生を促す効果があります。

 

そのため赤みの原因である血液が見えにくくなり、尚且つ皮膚組織の修復に役立つコラーゲンが素早くニキビ痕を覆ってくれるのです。

 

クレータータイプのニキビ痕に使用されるレーザーとは異なり、施術後にかさぶたが残ることはありません。

 

そのため施術後、すぐにメイクをすることも可能です。

 

また施術に伴う痛みが少なく、多くの人から高い人気を得ている治療法です。

 

施術回数はクレータータイプの治療よりも多くなりますが、安心して受けられる治療の1つです。

ニキビ痕はクリニックに通えば治る!

 

ニキビ痕について、よく聞かれる誤解があります。

 

それは、ニキビが瘢痕として残ってしまうと治らない、という誤解です。

 

しかし、ニキビ痕だってしっかり治すことはできますよ。

 

クレーターになろうと、ケロイドになろうと、しかるべき治療を受ければ、ちゃんと治ります。

 

だから、ニキビ痕のことで思い悩むよりは、まず治療。

 

ニキビ痕を綺麗に治して、未来に不安に残さないようにしましょう。

 

では、どのようにしてニキビ痕を治せばよいのでしょうか?まず申し上げたいのは、クレーターやケロイドになってしまうとホームケアでは治し難いということです。

 

しかし、だからといって、落ち込む必要はありませんよ。

 

だって、自然治癒し難いニキビ痕であっても、クリニックに行けば綺麗に治してもらえるのですから。

 

クリニックというと敷居の高さを感じる人も多いかもしれません。

 

しかし、通えばすぐ慣れますから、一度診てもらうことをおすすめします。

 

クリニックでは最先端の技術を活用して、肌を再生させることができます。

 

レーザー治療やピーリングを駆使して、少しずつ丁寧にニキビ痕を治療してくれるのです。

 

他にもいろんな治療方法がありますが、どんな方法があなたに適しているかを知るには、まずは一度診断してもらわなければなりませんね。

 

クリニックで先生に診てもらえば、あなたの肌の状態にもっとも合った治療方法を教えてくれますよ。

 

ですから、ニキビ痕について一人で悩むのはやめて、クリニックで相談してみましょう。

 

それがニキビ痕を治すための最初の第一歩です。