クレーターニキビ痕をなおすことができる美容整形

クレーターニキビ痕をなおすことができる美容整形

ニキビ痕の中でも、とても治りにくいものとして、クレータ?ニキビ痕があります。

 

でこぼこがあるので、その皮膚を自分のチカラでなおすことがむつかしくなってくるのです。

 

そのことから、美容整形外科を利用する人も多くなっています。

 

その美容整形外科では、いろいろな治療法が行われています。

 

その一つとして、レーザー治療があります。

 

そのレーザー治療をすることによって、その皮膚のでこぼこを少なくすることができます。

 

そのため、目立たなくすることができるということですね。

 

レーザー治療の場合は、直ぐに目立たなくなるということはありません。

 

それは時間をかけてゆっくりと、その効果を見ていくことになります。

 

焦りは禁物です。

 

長い目で、治療をするという気持ちを持つようにしましょう。

 

レーザー治療の中でも、いろいろな治療法があります。

 

そのため、カウンセリングで自分にあった治療法を選択することが大事です。

 

またその人のクレーターニキビ痕にあったレーザー治療を行うことになります。

 

いずれにしても納得をして行うことが大事なので、十分な説明を聞いた後、不安に思うことは医師に確認をするようにしましょう。

 

そしてその都度、そのことを行うことが大切です。

運動とニキビ痕の深い関係性

 

ニキビ痕がひどくなった当時の生活は相当荒れていました。

 

その荒れがそのままお肌にも表れた格好でしょうか、とにかく赤みの帯びた痛々しいニキビ痕が点々と広がっていたのです。

 

さて、そんなニキビ痕を解消するために実践してきたことがあります。

 

それはジョギングです。

 

というのも、当時のテレビ番組で「ニキビ痕を治すためには運動をして汗をかくことも重要である」といった趣旨のコメントが紹介されており、化粧品やクレンジング、サプリメントのようなお金のかかるケアとは違って、自分で手軽に出来ることもあって、その日のうちから始めることにしました。

 

かなり久しぶりの運動でしたから膝はバキバキ鳴り、10メートルも走らないうちに息が切れてしまう始末。

 

それでも、コンプレックスであるニキビ痕を治すために、毎日のように走り続けたのでした。

 

さて、結果ですが、確かにニキビ痕が軽減しています。

 

これまでのような痛痛しさはすっかりと影を潜め、とても健康的なお肌になりつつあるのです。

 

このころにはジョギングが日課として定着していた事もあって、なんというか当初のような「ニキビ痕を絶対に治すんだ」みたいな悲壮感はもうありませんでした。

 

当たり前のようにジョギングを継続していったところ、いつの間にかニキビ跡はきれいサッパリ消失しており、私としては、健康的な習慣が身に付き一石二鳥の効果があったと言えそうです。